マッチングアプリの既婚者を見抜くコツ

婚活アプリに登録する隠れ既婚者の見抜き方やマッチング相手が既婚者だった場合の対処方法などを掲載しています。

婚活ラボ サイトマップ

婚活サービス調査 婚活女子必勝法 結婚って何?

マッチングアプリは既婚者NGだけど…

マッチングアプリの既婚者を見抜くコツ

マッチングアプリは恋人やパートナーを探す場所として使っている人が多いため基本的には既婚者の登録利用は禁止となっています。大手で婚活に特化したメジャーなマッチングアプリでは利用規約に禁止と記載されています。

ただし独身を証明するような書類の提出は必須ではないので、実質完全に既婚者が排除出来ているとは言えないのが現状です。
特に婚活マッチングアプリは既婚者はいない、安全に使えると盲目的に思い込んでいる人もいるため、独身を偽った既婚者に簡単に引っかかってしまう人が少なくありません。

既婚者でありながらもヤリモクで婚活マッチングアプリに登録している人も少なからずいるということは覚えておきましょう。

既婚者かどうかチェックするには

真面目に婚活をしている人の場合はピッタリの相手とマッチングしたいと考えているので結構詳細な情報まできちんと書いています。
反対に既婚者の場合は身バレする決定的な情報を伏せるので中途半端なプロフィールになっていることも。顔写真が日掲載や親や友人と同居しているというのはちょっと怪しいかもと疑うポイントです。

他にも婚活マッチングアプリに潜む既婚者を見分けるためのポイントを紹介します。

  1. プロフィールの結婚に関する項目が記載されていない
  2. 30〜40代のイケメンハイスペック
  3. 業種だけで具体的な会社名を教えてくれない
  4. マッチング後すぐにデートしたがる
  5. 自宅デートや自宅周辺でのデートはNG
  6. スマホの画面を見せない
  7. 夜や週末は連絡が少ない、電話が繋がらない
  8. Facebookをやっていないか、極端に友人が少ない
  9. クリスマスやお正月などイベントの日を一緒に過ごせない

上記にいくつか当てはまれば既婚者の可能性が高いです。
怪しいなと感じたら敢えて夜に電話をしてみるとか休みは何してたの?と聞いてみるなどのチェックを。
いきなり電話しても無視されるかもしれませんがLINEなどメッセージをやり取りしている途中など無視すると不自然な状況でかけてみると普通であれば無視はしません。そういう状況でも着信を取らない、不自然に通話オフされるのであればかなり黒に近いでしょう。

この人実は結婚してるのでは…と思ったら

マッチング相手がもしかして結婚しているのでは…と思ったら速やかにチェックを開始しましょう。結婚をしたいのですから不倫をしている時間なんてありません。
ズルズルと付き合っているとどんどん好きになっていくし情も出てきてしまって別れ辛くなってしまいます。そうなる前に条件に当てはまらない相手だとすっぱりと切り捨ててしまいましょう。

万が一相手が既婚者だった場合は相手の奥さんから訴えられる可能性もあるので、アプリのプロフィール画面やメッセージのやり取りは証拠として取っておきましょう。相手が独身と偽って婚活アプリにいたということが証明出来れば良いので画面のスクショでも大丈夫です。
ただし相手が既婚者と知った後にも付き合い続けていたら不倫とみなされます。少しでも疑わしいと思った段階で関係を持たないようにしておく方が良いでしょう。

既婚者を見つけたら違反報告を

婚活アプリには年々偽装独身の既婚者が増えてきているという情報もあります。
婚活のアプリを使っているのは結婚希望者だけという前提があり既婚者が登録するハズがないと思い込んでいるので相手が既婚者かもと疑わないんですよね。良く言えばピュアなんですがそういう純粋で無防備な婚活女性をヤリモク男が利用しているんですよね。

婚活を前面に押し出しているマッチングアプリでは既婚者の登録は禁止しています。もしも既婚者を見つけた場合は運営に違反報告として通報しましょう。

結婚の為の相手を探しているのに知らない内に不倫をしていたなんて真面目に婚活をしている身からしたらとんでもないことです。
不倫目的の利用者を放置して不適切な出会いを斡旋したアプリとして口コミが広まってしまうとブランドイメージの悪化や信用ガタ落ちで利用者がいなくなってしまうと運営も困ります。
利用者が安心して使えるように、ブランドイメージを守る為にも通報があれば運営が調査して警告や強制退会などの措置が取られます。
アプリによっては高額の違約金が発生することもあります。