「普通の人」はいない?結婚相手の選び方

結婚相手を探す時に「普通の人」を条件にしない方が良いことや結婚相手の選び方について掲載していきます。

婚活ラボ サイトマップ

婚活サービス調査 婚活女子必勝法 結婚って何?

婚活女性が求める「普通の人」

「普通の人」はいない?結婚相手の選び方

婚活している人や彼氏募集中の人にどんな人がいいの?と聞くと「普通の人でいいんだけど〜」なんて答えが返ってきます。
この「普通の人」というワードの意味するところは、特別なイケメンじゃなくても平均的な容姿であればいい、年収1000万の高収入じゃなくても平均的なお給料を稼いでいればいいということのようです。

ハイスペは求めていない、とにかく普通、平均であればいい、さらには性格が特別変なところがなくて価値観も普通の人であればいい…ということでしょうけれど、ここでいう普通って結局どういうことなのでしょう?あなたの考える普通は本当に世間一般の普通なのでしょうか?

婚活女子が重視する条件のTOPが年収というデータもあります。そして7割以上の女性が相手に500万〜700万以上を希望しているとも。
確かに年収は重要な条件のひとつではありますが、日本人男性の平均年収は500万そこそこです。これはあくまでも平均なので中央値はもう少し低くなります。つまり大多数の男性は年収が500万円以下であるということです。

さてそうなると年収500万〜700万は普通ではないということになりますね。どちらかというと高収入、つまりハイスペ男子ということです。年収だけ見てみても婚活女性が考える「普通」は適応されていないということが分かります。

「普通」を軸にして婚活してはいけない

普通というのはとてもあいまいな基準で人によって違いが大きいものです。
分かりやすく収入で例えると、一流商社で働くAさんにとっては年収700万円が普通、しかし飲食店で働くBさんにとっては年収400万円が普通というように置かれている立場や周囲の環境などで普通の基準はまったく変わってしまいます

婚活をする時にあれこれと条件を言ってしまうと「わがまま」「贅沢」「そんな人いない」などと言われることもありますが、それでも「普通の人」と言うよりもよほど結婚に近づくと思います。
そもそも「普通の人」というのはこの世の中にいません。普通というのは世間一般が作り上げた幻想のようなものです。一見普通の人に見えたとしても深くその人のことを知っていくうちに普通ではない面が見えてくるものです。

本気で結婚したい、パートナーが欲しいと考えるのであれば明確な条件を考えましょう。「普通の人」を探していては結婚出来ません。

自分の中の基準を明確に

自分が考える普通とはどんな条件なのかをしっかりと考えてみましょう。自分はどんな相手を求めているのか、相手から求められているのはどんな人なのかなど今までなんとなくでぼんやりしているところを明確にするのです。

今までは普通の人であればいいからと自分は謙虚だと思っていたとしても、条件を明確にすることで思ったより自分は高望みをしているのかもしれないな、と気が付くこともあります。

更に結婚した後に夫婦として家族としてどんな生活がしたいのか、ということまで深く考えてみるとあなたが選ぶべき相手像が見えてくると思います。
専業主婦をしてパートナーを支えて行きたいのであれば収入は重要な条件となりますし、共働きでバリバリと稼いでいきたいのであれば収入よりも同じ目標をもって理解してくれる人がいいなどと条件を絞り込むことが出来ます。