「結婚」はゴールじゃない

婚活の真のゴールは結婚ではないということを中心にして、本当のゴールはどこなのかということについて掲載していきます。

婚活ラボ サイトマップ

婚活サービス調査 婚活女子必勝法 結婚って何?

婚活をしていると「結婚」がゴールになってしまう

「結婚」はゴールじゃない

婚活をしていると「結婚」することがゴールとなってしまっているということはありませんか?
最初に言ってしまいますが結婚するということはゴールではありません。結婚をした後にも生活が続いていきます
使い古された言葉ではありますが、結婚というのはその後の夫婦の生活のスタートなんです。

しかし婚活をしていると結婚をゴールと設定してしまう人が少なからずいます。
結婚出来るのかという不安や、結婚さえ出来ればその後は幸せになるであろうという希望による思い込み、それらを経て結婚というゴールに辿り着いてしまうと達成感が大きすぎてその後の生活は燃え尽き症候群のようになってしまうのかもしれません。

結婚出来た!達成感!!となった後に続く生活のことまでは考えておらず、実際の結婚生活に対して戸惑いや思っていた生活と違う…というようなことになってしまうことも。

結婚したら永遠の幸せが約束されるのか

小さい頃に読んだ童話の中のお姫様は王子様と結婚して幸せに暮らしました、と締めくくられているものばかりでした。その影響もあるのか結婚する=幸せが永遠に続くと考えている人もいるようです。
しかしお話と現実の生活は違います。好き同士で結婚したとしてもその好きという気持ちが永遠に続くという保証はどこにもありません

おとぎ話と違って現実では結婚後も生活は続いていきます。
そうするとどうしても生活や気持ちには変化が訪れます。子供が出来たり、出世したりとポジティブな変化のうちは良いですが、逆に子供が欲しいのになかなか出来ない、仕事がうまく行かないなどの様にネガティブな変化が訪れた時に好きという気持ちが変化していくことはよくあることです。

どちらかが辛い時、大変な時にも一緒にいたいと思える相手でなければ関係は変化していき結果として離婚ということにもなりえます。

結婚するのは選択肢のひとつ

少し前までは結婚して家庭を築くことが「当たり前」とされていた時代もありました。
結婚は全員がするもの、それが普通であって自分も普通にならなくてはと考えている人もいるのではないかと思います。

確かに結婚したいと考えており実際に結婚によって幸せになる人もいますが、反対に結婚したいと思ってなくても周囲の雰囲気からなんとなく結婚しなくてはいけないのではと焦って婚活をしているという人もいるのではないでしょうか。
本心では結婚したくない、必要ないと思っていながらなんとなくで婚活をしても上手くいかないと焦りが強くなるだけでは。また万が一婚活が実って結婚となった場合でも本当に結婚という形が必要だったのでしょうか?

結婚というのは自分の人生の選択肢のひとつだと思います。絶対にしなければいけないというものではないのではないでしょうか。
したくないならしなくてもいい!そう言ってしまっても良いと思います。

婚活の成功=結婚後の生活が幸せである

婚活は結婚したらゴールとされており、婚活サービスも成婚までのフォローしかありません。
しかし真に婚活が成功と言えるのは結婚後に2人で幸せな生活を送ることが出来ている場合のみではないかと思います。

極端に言えば結婚するだけなら誰でも出来ます。相手にこだわらなければいいし、その場のノリで婚姻届けを提出してしまえば結婚するだけなら出来るからです。
しかし婚活をしている人が求めているのはそういうことではないはずです。信頼できるパートナーや愛する人との幸せな生活を望んで婚活をしているのではないでしょうか。
結婚をするということよりもその後の結婚してからの生活の方がずっと長くずっと重要です。